芥見第二幼稚園(あくたみだいにようちえん)芥見第二幼稚園(あくたみだいにようちえん)  

〒501-3107
岐阜市加野3-1-7
 TEL 058-243-5761
 FAX 058-213-5735

新着情報
園長ご挨拶
楽しい園生活
幼稚園の様子
子育て支援
今月の俳句
園だより
アクセスマップ

未就園児教室
よくある質問
資料請求
入園のご案内

音楽のへや
クイズのへや
携帯ツール
リンク
お問合わせ





 俳句の特徴に、季語・季題とよばれる季節の言葉が入り、日本固有の文化・情緒・自然を表現する大きな役割をしています。  季語は、自然と人々の生活との溶け合いのなかから生まれてきたもので、子どもたちが季語に親しめば親しむほど、日常は自然のなかにより深く入っていきます。

 毎月ごとに俳句を一句選び、今月の俳句として紹介します。  毎朝、クラスのみんなで音読して、身近な自然を詠んだ俳句に親しみ、自然と人とのかかわりを大切にする心を育みます。

 今年も、小林一茶おじさんの俳句を通し、改めて日本の自然の美しさや、けなげに生きている身近な生き物たちへ寄せる思いに触れてみましょう。 幼い目と耳とこころで、そんな日本のよさに気づいていけたらと願っています。




4月の俳句  「からからと 下駄をならして さくらかな」 一茶
今年も桜の季節・新しい始まりの時がやってきました。
寒い冬から開放され、一茶おじさんの時代、わらぐつから下駄に履き替え、カランカラン! 下駄の音の響きも心地よく、満開の桜の花の下をお花見に出かけたのでしょうね。
今の時代なら、♪くつがなる♪の気分でしょうか。

4月、新しい環境への不安もある中、わくわくした期待に気分も盛り上がり、足取りもリズミカルに弾みます。
そんなみんなを、応援するかのように、桜が咲いています。
心晴ればれ、前を向いて「なりたい自分」・「やってみたい事」に向け、歩み出す春4月の幼稚園です。

四季折々、自然に寄り添いみんな生き生きとけなげに生きています。
時代は変わっても変わらない、自然の一瞬の季節の美しさ愛おしさを詠んだ小林一茶おじさんの俳句を通し、生きる喜び・励ましをもらいましょう。



5月の俳句  「たけのこと なかよくあそべ 雀の子」 一茶
春から一気に初夏へと季節がずんずん進んでいきます。
幼稚園の子ども達の育ちだけでなく、草や木の芽が葉を広げ、小さな生き物たちが卵からかえり生まれ育ち、その成長ぶりが著しい5月です。

すずめのお宿と言えば、やっぱり竹薮ですね。
竹薮の中では今年、芽を出したばかりの竹の子君の周りを、同じく今年かえったばかりの幼いすずめの子がチュンチュン歩き回っています。
おしゃべりしながら、なかよくあそんでいるように見えます。
頭を持ち上げぐんぐん上へ上へと伸びようとしている竹の子君と、かえったばかりのすずめちゃん。みんなこれから世界を広げ大きく大きく育っていこうね。
なかよしの輪が広がる5月の幼稚園です。



6月の俳句  「青梅に 手をかけてねる 蛙かな」 一茶
梅雨入りを前に、かえる君たちの歌声が聞こえる季節です。
この季節の雨を「梅雨(つゆ)」と梅の字を充てるのは、この時期に梅の実が熟す頃であるという説があります。
梅の木林には青梅が実り、枝から落ちたのでしょうね。地面に転がったきれいな緑色した青梅に、これも黄緑色したあまがえる君が、腕枕をするように居眠りしていますよ。
今日は雨も降らず、新緑の色が目にやさしく、安心しきって眠っている子どものあまがえる君の姿が、ほのぼのとして、あどけなく可愛いですね。

幼稚園のみんなが、笑っているのは勿論、泣いていても怒っていてもちゃんと訳があり、親しみと愛おしさを感じる先生たちです。
それぞれの立場に立って受け入れあえる6月の幼稚園です。




← back  forward →  top ↑


PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。こちらからダウンロードして下さい。

当ホームページに掲載されている文章・画像などを、無許可転載・転用することは堅くお断りいたします。
無許可転載・転用を見かけましたら、お電話(058-243-5761)かお問合わせにてご連絡をお願いします。
AED(自動体外式除細動器)設置園
学校法人 芥見学園(がっこうほうじん あくたみがくえん)  芥見幼稚園(あくたみようちえん)  芥見第二幼稚園(あくたみだいにようちえん)
Copyright (C) 1999-2019 学校法人 芥見学園. All Rights Reserved.