芥見第二幼稚園(あくたみだいにようちえん)芥見第二幼稚園(あくたみだいにようちえん)  

〒501-3107
岐阜市加野3-1-7
 TEL 058-243-5761
 FAX 058-213-5735

新着情報
園長ご挨拶
楽しい園生活
幼稚園の様子
子育て支援
今月の俳句
園だより
アクセスマップ

未就園児教室
よくある質問
資料請求
入園のご案内

音楽のへや
クイズのへや
携帯ツール
リンク
お問合わせ





 俳句の特徴に、季語・季題とよばれる季節の言葉が入り、日本固有の文化・情緒・自然を表現する大きな役割をしています。  季語は、自然と人々の生活との溶け合いのなかから生まれてきたもので、子どもたちが季語に親しめば親しむほど、日常は自然のなかにより深く入っていきます。

 毎月ごとに俳句を一句選び、今月の俳句として紹介します。  毎朝、クラスのみんなで音読して、身近な自然を詠んだ俳句に親しみ、自然と人とのかかわりを大切にする心を育みます。

 今年も、小林一茶おじさんの俳句を通し、改めて日本の自然の美しさや、けなげに生きている身近な生き物たちへ寄せる思いに触れてみましょう。 幼い目と耳とこころで、そんな日本のよさに気づいていけたらと願っています。




4月の俳句  「花桜 一木一木(いちぎいちぎ)の いさおしや」 一茶
桜の花が美しい春、4月。
新たな始まり、スタートです。

老木でありながら、山里に凛として枝を広げ、見事な花をつける桜の木。
幼稚園の庭を彩り、この50年間、子ども達を見守るように咲く桜の木。
苗から育ってまだ数年しかたたないけれど、けなげに花をつける若い桜の木。
それぞれの一本一本の桜の花から新たな勇気をもらい、心を癒されてきました。

変わらない四季の営み、人の力が及ばない自然の美しさの前で、改めて、幼い素直な子どもたちと過ごせる喜びを感じ、この一年に期待が膨らむ、春4月です。

自然の美しさだけでなく、小林一茶おじさんの俳句には弱い者への優しいまなざし、つらい経験があったからこその強さがあります。
季節を楽しみながら、心をきれいにし、まっすぐな気持ちを、12か月の俳句から育てていけたらと願っています。



5月の俳句  「来る日から 人見知りせぬ つばめかな」 一茶
明るい青空と若葉が萌える5月の自然の中に、今年も、つばめさんの家族がやってきて巣づくりに忙しそうです。
毎年同じ場所に巣を作るのでしょうか。軒下を飛んでても、羽を休めて見下ろす姿にも、不安そうな様子もなく、遠慮することもなく、「ここが私のおうち!」とばかり、元気いっぱいです。
からすやヘビなど狙われる場を避け、枯草やわらなどせっせと運び、丈夫で居心地の良いお家作りに励んでいます。

幼稚園の子どもたちにとっても、新年度が始まって少しずつ、自分のクラスが安心できる場所になり、お気に入りの遊び場、なかよしのお友達もできました。
元気な声と笑顔が見られる5月の幼稚園です。



6月の俳句  「お地蔵の ひざに座って なくかえる」 一茶
雨の季節を前に、小さな生き物たちも私たち人間も、青葉・若葉の美しさと、勢いのある初夏の自然に守られ応援されているように感じます。

子どもの安泰を守ってくれると伝えられるお地蔵様の膝にちょこんと座っているのは、あまがえる君でしょうか。
お地蔵様のお膝の上ならではの恩恵を得、安心してなくかえる君。
実は、私たちも大きな仏様の膝の上で、優しく守られ、生かされているのでしょうね。

目には見えない働きと、豊かな自然の恵み、そして温かい人とのかかわりに感謝する梅雨の6月です。



7月の俳句  「雨三つぶ 蛍もみっつ よっつかな」 一茶
梅雨入りし雨が近い毎日になり、晴れ間は誰にとってもホッとするものです。
夏の短い期間、きれいな流れがある水辺でほのかに蛍が光を放ち、飛び交い始めました。
最近では川や自然環境の変化で、身近に見ることがすっかり少なくなった蛍です。

ポツリ・ポツリ・・・激しく降った梅雨も一休み。
雨が上がり始めた水辺に、淡い光を放ちながら蛍を三匹・四匹と見つけることが出来ました。
静かに雨音に耳を傾け、ほのかな蛍の光を追う、そんなゆったりとした時間も大事ですね。

蛍の幻想的な明かりに、昼の蒸し暑さも忘れ癒される、本格的な夏の暑さを迎える7月です。



8月の俳句  「順々に 動き出しけり 雲の峰」 一茶
梅雨が明ければ、お日様も空も風もそして子ども達も元気な真夏です。
いよいよ本格的な夏!そんな真夏の青空に似合うのは、やっぱり入道雲ですね。
暑さもピークとなるこの時期、強い上昇気流によって発生した積雲がどんどん成長し積乱雲となり、入道雲が現れます。
もくもくと巨大に成長していくのは、まるで真っ白な山が立ち上がり、少しずつ成長し変化していくように動いています。
一瞬として同じ形で留まることなく、どこからとなく順々に形を変えていく雲の姿は興味深く、見飽きることがありません。

そんな夏の風物詩の一つ入道雲も、最近の異常気象では、要注意です。
暑い夏にまけない、暑さを楽しめる夏休み・8月でありますように。



9月の俳句  「はぎの葉に ひらひら残る 暑さかな」 一茶
刺すような強い日差しの暑さに、突然の土砂降りの雨が降ったり、今年も体にこたえる厳しい夏でした。
そんな夏も、トンボが群れをなして飛びかう様子が見られたり、木陰や夕暮れ時に吹く風の涼しさに、秋の始まりを感じます。

秋の七草の一つに数えられるはぎは、日本で一番古い歌集「万葉集」で何より多く詠まれている花です。
古い株からたくさんの芽を出す逞しさと、赤紫の蝶のような小さな花の可憐さから、日本人に親しまれていたのでしょうね。
はぎの花が咲くと、もう秋。その小判型の可愛い葉っぱに、夏の名残の暑さを感じるお日様が、キラキラ照り返しています。
涼しい秋に期待しながら今年の夏を惜しみ、一日一日の時間を大切に、新たな気持ちで、2学期をスタートさせましょう。



10月の俳句  「猫の子の じゃれそこなうや 芋の露」 一茶
秋はみのりの秋。
色鮮やかな果物が実をつけ、田んぼで稲が黄金色に穂をたわわにしています。
畑では作物が豊かに実り、収穫を待つ季節になりました。

年長さんが芋ほり遠足で収穫する里イモ。
親イモに寄り添う子イモに孫イモ・・・。土の中で大きな塊に育ちました。
里芋の葉っぱは撥水力が強く、お日様の光を受け宝石のように光る露を大切に預かっています。そんな芋の露は、猫の子でなくとも気になるものですね。
ふと触れてみると、コロコロ玉になり、葉っぱの上を生き物のように動きます。
子猫のあそび相手にはちょうどの芋の露。じゃれてみようとしますが、ものともしないイモの葉の撥水力。イモの露はそこにあるから可愛いし美しいものです。

すっかり幼稚園に安心し、ここにいる事が楽しい10月の子ども達です。




← back  forward →  top ↑


PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。こちらからダウンロードして下さい。

当ホームページに掲載されている文章・画像などを、無許可転載・転用することは堅くお断りいたします。
無許可転載・転用を見かけましたら、お電話(058-243-5761)かお問合わせにてご連絡をお願いします。
AED(自動体外式除細動器)設置園
学校法人 芥見学園(がっこうほうじん あくたみがくえん)  芥見幼稚園(あくたみようちえん)  芥見第二幼稚園(あくたみだいにようちえん)
Copyright (C) 1999-2017 学校法人 芥見学園. All Rights Reserved.