芥見幼稚園(あくたみようちえん)芥見幼稚園(あくたみようちえん) MRS-NX

〒501-3133
岐阜市芥見南山3-1-27
 TEL 058-243-2266
 FAX 058-243-2245

新着情報
園長ご挨拶
楽しい園生活
幼稚園の様子
子育て支援
今月の俳句
園だより
アクセスマップ

未就園児教室
よくある質問
資料請求
入園のご案内

音楽のへや
クイズのへや
携帯ツール
リンク
お問合わせ





 俳句の特徴に、季語・季題とよばれる季節の言葉が入り、日本固有の文化・情緒・自然を表現する大きな役割をしています。  季語は、自然と人々の生活との溶け合いのなかから生まれてきたもので、子どもたちが季語に親しめば親しむほど、日常は自然のなかにより深く入っていきます。

 毎月ごとに俳句を一句選び、今月の俳句として紹介します。  毎朝、クラスのみんなで音読して、身近な自然を詠んだ俳句に親しみ、自然と人とのかかわりを大切にする心を育みます。

 今年も、小林一茶おじさんの俳句を通し、改めて日本の自然の美しさや、けなげに生きている身近な生き物たちへ寄せる思いに触れてみましょう。 幼い目と耳とこころで、そんな日本のよさに気づいていけたらと願っています。




10月の俳句  「夕日影 町いっぱいの とんぼかな」 一茶
園庭に飛び交うとんぼの群れを追いかけ、子ども達が麦わら帽子を投げかけます。
楽しんでいるのは、トンボかな?子ども達かな?
Uターンに急降下、捕まりそうで捕まらない。
自由にじゃれ合うようにあそぶトンボと幼稚園の子ども達です。
もっと大きくなったら、うまく捕まえられるのかしら。それとも自由に飛ぶトンボ達を、そっと見ているだけで幸せな気持ちになれるのかしら。

あんなに暑かった夏の日が嘘のように、朝夕すっかり涼しくなり、日の暮れるのもぐーんと早くなりました。
何かに追われるように忙しく動き回る夕暮れ時。
お日様が西に傾き始め、まっ赤な夕焼けを浴びながら、トンボ達もなかまと共に、家路に向け飛び交います。
秋色に染まり始め今年度も折り返しの季節。すっかり友達とのかかわりも深まった秋・10月です。



9月の俳句  「どんぐりの ねんねんころり ころりかな」 一茶
真夏の幼稚園は、蝉の鳴き声に一層の暑苦しさを感じますが、アベマキや椎の木で短い一生を懸命に生きているその姿は、けなげで応援したくなります。

長かった夏休みも終わり、子ども達が戻ってきた幼稚園。コロコロ丸々したどんぐりの実がみのり、朝の運動場はあちこちに殻をつけたままだったりピカピカ光る茶色のどんぐりが落ちています。
どんぐりと言えば思い出すのは「トトロ」かな。コロコロ転がしたり大切にハンカチに包んだり。いつか眠る時ママが歌った♪寝んねんころりよ、おころりよ・・・の優しいリズムかな。
子ども達のポケットに拾われ、ご馳走づくりの材料になったり、数の比べっこしながら、あそびを広げています。

引き続きのコロナ禍の中ですが、子ども達にとって大切なあそびや活動が妨げられることなく、成長を助ける二学期でありますように。



8月の俳句  「膝の子や 線香花火に 手をたたく」 一茶
「あついですね!」が合言葉のような夏の日も、夕日が沈むと涼しさも感じる8月。早めの夕食が終った夜。お風呂上りに浴衣や甚平に着替え、花火が嬉しい夏の夜。

お父さんが消えないよう工夫して灯してくれたろうそくの火が点いたら、さぁ、みんなで花火の始まり!
手持ち花火をあれこれ手に取り、勢いよく火を点けたら、七色の火が広がり、夕闇に花が咲いたようです。みんなの笑顔を映し出します。
最後に残ったのは・・・線香花火かな。
楽しかった今日の夜を惜しむように、誰が長く火の玉がついているか競争だよ。初めは勢いよくもみじの様な輝きを見せる花火。やがて細く優しい光の筋になり、小さな火の玉になって消えていきます。お父さんの膝に乗った小さな弟も手をたたいて大喜び。大人になっても、夏の夜の楽しい記憶に残る線香花火の光です。



7月の俳句  「うつくしや 障子の穴の 天の川」 一茶
梅雨明けを前に、プールあそびや水あそび・泥んこあそびを楽しみ、夏の暑さにすっかり慣れた子ども達。
そんな梅雨の晴れ間の夜、両手を双眼鏡のように目に当て空を見上げて見ると・・・。東の空に北から中天を通り南の地平線にかけ、ほの白い雲のような星の集まり「天の川」がくっきりと。
七夕の織姫星(こと座のベガ)・彦星(わし座のアルタイル)が「天の川」を挟んでみられ、白鳥座のデネブとともに夏の大三角形が見つかります。
現代では、障子からのぞく機会はないかもしれませんが、無限の宇宙へのゆめが広がる夏の夜空が美しく、七夕のお話やまつわる星を探し、梅雨明けを待ち遠しく思う7月です。



6月の俳句  「かたつむり そろそろのぼれ 冨士の山」 一茶
新緑の美しい季節になりました。みんなで工夫し取り組んだジャンボこいのぼりが映える爽やかな日もあれば、梅雨時のさめざめと雨が降る日もある6月です。
この季節、身近なかわいいいきもの達もイキイキと活発に活動し始めます。
子ども達も新しい環境に少しずつ慣れ親しみ、自分なりの目標やなりたい自分を見つけあそびに活動に、積極的に取り組み頑張ろうとしています。
そんなみんなとあの歩みののんびりなかたつむりさんへ、ゆっくり自分のペースでいいんだよ。大きな夢をもって一歩ずつ前へ前へ歩んでいこうね・・・。
一茶おじさんが励ましています。
一茶おじさんだけでなく、お家のみなさんも、幼稚園の先生たちも、みんなを応援する緑豊かな6月です。



5月の俳句  「ゆさゆさと 春が行くぞよ 野辺の草」 一茶
桜の花の季節に代わり木々が芽吹き、青葉若葉の優しいみどり色の葉が広がり、活き活きとしたエネルギーを感じます。
道沿いの野の草花も、ぐんぐん青々と育ち、5月の心地よい風に吹かれ、ゆさゆさとリズムに乗るように揺れ、春のパワーが伝わってきます。
無限の力を秘めた幼稚園の子ども達に、「さぁ、行くぞよ!」と、励まし応援メッセージを送ってくれる、みどりの草と一茶おじさんです。

豊かな緑いっぱいの5月のお日様の下で、友だち誘って元気に体を動かしあそぼうね。
誰とでも仲よくなれ、何でもやってみたい、楽しい幼稚園の5月です。



4月の俳句  「日本は 這入り口から 桜かな」 一茶
お子様のご入園・ご進級おめでとうございます。
子ども達の新しい門出を祝うような満開の桜です。
新しい環境にワクワク・ドキドキの子ども達の可愛い笑顔に寄り添うよう、優しく温かく見守り、励ますように咲く幼稚園の桜です。
4月に年度が替わる日本においては、学校だけでなく、社会全体が新体制でスタートです。そんな門出・出発の時期に咲く桜は、まさにこれからを励まし、心を後押しするお祝いの花です。桜の美しさ・可憐さに癒され一歩前へ進み出す4月です。

季節の美しさ・面白さを詠み込み、言葉のリズムを楽しむ「世界で一番短い詩」と言われる日本の俳句。そんな中、小林一茶の俳句は、子ども達にも分かり易い身近な自然の美しさや生き物への優しいまなざしを感じる素朴な俳句が多く、毎月、親しんでいきたいと、紹介していきます。
自然に寄り添って生きる幸せ・喜びを味わっていきたいと願っています。




← back  forward →  top ↑


PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。こちらからダウンロードして下さい。

当ホームページに掲載されている文章・画像などを、無許可転載・転用することは堅くお断りいたします。
無許可転載・転用を見かけましたら、お電話(058-243-2266)かお問合わせにてご連絡をお願いします。
AED(自動体外式除細動器)設置園
学校法人 芥見学園(がっこうほうじん あくたみがくえん)  芥見幼稚園(あくたみようちえん)  芥見第二幼稚園(あくたみだいにようちえん)
Copyright (C) 1999-2022 学校法人 芥見学園. All Rights Reserved.