芥見幼稚園(あくたみようちえん)芥見幼稚園(あくたみようちえん)  

〒501-3133
岐阜市芥見南山3-1-27
 TEL 058-243-2266
 FAX 058-243-2245

新着情報
園長ご挨拶
楽しい園生活
幼稚園の様子
子育て支援
今月の俳句
園だより
アクセスマップ

未就園児教室
よくある質問
資料請求
入園のご案内

音楽のへや
クイズのへや
携帯ツール
リンク
お問合わせ





 俳句の特徴に、季語・季題とよばれる季節の言葉が入り、日本固有の文化・情緒・自然を表現する大きな役割をしています。  季語は、自然と人々の生活との溶け合いのなかから生まれてきたもので、子どもたちが季語に親しめば親しむほど、日常は自然のなかにより深く入っていきます。

 毎月ごとに俳句を一句選び、今月の俳句として紹介します。  毎朝、クラスのみんなで音読して、身近な自然を詠んだ俳句に親しみ、自然と人とのかかわりを大切にする心を育みます。

 今年も、小林一茶おじさんの俳句を通し、改めて日本の自然の美しさや、けなげに生きている身近な生き物たちへ寄せる思いに触れてみましょう。 幼い目と耳とこころで、そんな日本のよさに気づいていけたらと願っています。




4月の俳句  「さくらばな どっちに寝ても 手の届く」 一茶
幼稚園を縁どる、明るく優しいピンク色の桜が一気に満開。
一年のスタートを祝う桜です。
その花びら一枚一枚を誇らしげに広げ、花手毬のように重なりながら咲く見事な桜です。桜は、冬の厳しい寒さで花の芽が目覚め、寒さが厳しければ厳しいほど開花が早くなると聞きました。咲くのを待ち構えていたのでしょうね。

春風に吹かれ、満開の桜の下の草に寝転んで花を見上げたら、手を伸ばせばその枝に触れ、花に吸い込まれ優しさや希望に包まれそうです。
「何かいいことがありそう!」
「きっと、あるはず!」
そう応援してくれる日本の桜です。

今年も、身近にある花や草、小さな生き物から四季を感じ、生きる幸せや喜びを小林一茶おじさんの俳句から気付き、味わっていきましょう。



5月の俳句  「草の葉や つばめ来そめて うつくしき」 一茶
青葉若葉の新緑が目にやさしい5月を迎えました。
山の木々の鮮やかな緑色だけでなく、身近な路地の草花の葉も、青々としてつややかです。
緑は目の疲れを癒すといわれますが、優しい若葉の色は心も和らげ、新たな場で「やってみよう!」と意欲を応援します。

そんな5月になると、今年もつばめさんがやって来て飛び始めました。
雑草の若々しい青葉をかすめながら飛ぶつばめさんの様子は、何気ない景色ですが、その中にイキイキとした力や新たな命の誕生という希望の力が伝わり、心を動かされます。
そんなフレッシュな気持ちで迎える、新緑が美しい5月の幼稚園です。



6月の俳句  「蛍呼ぶ 後ろにとまる 蛍かな」 一茶
梅雨入り前の少しひんやりした夜、各地の清流に今でも蛍が飛び交います。
蛍が住める水辺を守って川が浄化されたり、自然回復の取り組みで、蛍の名所が観光スポットになっています。

「ホッ・ホッ・ほーたる来い!こっちのみーずはあーまいぞ・・・」
呼びかけられてもお構いなしに、明るく光を放ったりすーっと消えたり、光の軌跡が幻想的です。
ふと気づいたら蛍を呼んでいる自分の後ろに、ちゃんといたりして・・・・。
一茶おじさんの時代から蛍狩りは、初夏の風物詩として、みんなの楽しみだったのでしょうね。

今年も暑い夏がやってくるのでしょうか。
ほのかな優しい蛍の光に、ひと時の安らぎを感じる6月です。




← back  forward →  top ↑


PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。こちらからダウンロードして下さい。

当ホームページに掲載されている文章・画像などを、無許可転載・転用することは堅くお断りいたします。
無許可転載・転用を見かけましたら、お電話(058-243-2266)かお問合わせにてご連絡をお願いします。
AED(自動体外式除細動器)設置園
学校法人 芥見学園(がっこうほうじん あくたみがくえん)  芥見幼稚園(あくたみようちえん)  芥見第二幼稚園(あくたみだいにようちえん)
Copyright (C) 1999-2018 学校法人 芥見学園. All Rights Reserved.